August Ave.

6㎝の子宮筋腫持ちで妊娠、稽留流産の経験談とUAE(子宮動脈塞栓術)の体験ブログ。そしてこれからの妊活こと。

UAE手術から1週間後に子宮筋腫が小さくなる

1週間後の子宮筋腫

こんにちは。

UAE(子宮動脈塞栓術)の手術からちょうど1週間経過経った本日、ドキドキの診察に行ってきました。

果たしてUAE手術前9cmの子宮筋腫に変化は見られるのか!

もうタイトルで言っちゃてる!!汗)どうぞ!

 

UAE手術1週間後の子宮筋腫について

結果から申し上げます!8月6日のUAE手術前9cmだった子宮筋腫が…なんと!!

5.4cmまで小さくなりました~!

凄い!妊娠発覚時(詳しくはコチラ⇒『妊娠6週・6㎝の子宮筋腫が見つかる』)よりも小さくなっている!

5.4cmでこんなに喜んでいる理由はこの画像を見てもらえればおわかりいただけると思います。

子宮筋腫 大きさ 6cm 9cm UAE後

作業台が汚くてすみません…

9cmの子宮筋腫がUAE手術後、約半分の大きさになったのです~

というか9cmってこうしてみると大きいのですね…

 

子宮動脈から子宮筋腫への塞栓も確認

腹部エコーにてUAE手術1週間が経過した子宮動脈から子宮筋腫への血管の様子も確認。子宮筋腫への血流はしっかりと塞栓できていました

エコーの見方がわからなくてもわかるくらい違います。

 

子宮筋腫のUAE手術の詳細

調布keijinkaiクリニックではUAE手術1週間後に診察と合わせてUAE手術の詳細を説明してもらえます。

  • UAE治療の時間:6分12秒
  • 被ばく線量:2.1(21?)なんちゃら(※1)

(※1聞き覚えのない単位で覚えてない)

以上がわたしのUAE手術の詳細です。UAE手術の詳細は実際の治療中の動画を見ながら聞きました

UAE手術中の動画で造形剤を流して子宮筋腫を養う血管を確認する様子が見られるのですが、「わたしめちゃくちゃきれいに子宮筋腫育ててたんだなぁ~」となんとも言えない気持ちになりましたね。

被ばく線量については、「CT検査で平均5.4(54?)なんちゃら~それよりも少ない量の~…」と説明を受けたのですが、単語の情報量が多くてちんぷんかんぷんのため、あまり参考にしない方が良いです。笑

 

UAE手術の退院後から1週間のこと

退院後の8月9日~1週間検診までの間に起こった気になる症状などについてまとめておきます。

 

UAE治療退院日から右足にむくみが

退院した日の夕方過ぎ、突如右足だけにむくみを覚えました。「詳しくはコチラ⇒(子宮筋腫のUAE手術体験ブログ!~退院日編)」 

元々流産後から右足だけはむくみやすいことが続いていましたが、UAE手術後2日目だしとりあえず様子を見ようと思った翌日8月9日、今までのむくみが嘘のようにスッキリ

この日以来、むくみは感じていません。

 

痛み止めは退院後5日間服用

UAE後の痛み止めは8月13日まで5日間服用しました。

8月14日は痛いけども薬を飲むほどではない感じです。でも少しはしゃぐと痛みが強くなる感覚に襲われるので薬を飲まない代わりにめちゃくちゃおとなしく過ごしました。

 

UAE手術後の出血は継続中

UAE手術日の8月8日から8月15日現在まで少量の出血は続いています。特にこの日に大量に出た、などの変化はないです。

 

流産後からの貧血症状が消える

流産してからUAE手術を受けるまで、ほぼ毎日強い貧血を感じていました。最近になって「そういえば退院後に貧血を感じていない」と気が付きました。

子宮筋腫への血流がしっかり止まったお陰なのかな、と思っています。

 

 診察内容や費用のまとめ

まずは今日の診察の内容などです。

~調布keijinkaiクリニック~

【診察内容】

・採血
・腹部エコー
・UAE手術の詳細説明

【所要時間】

受付からお会計まで約1時間

【お会計】

3,950円(税込み)

UAE後の子宮筋腫の変化も人それぞれとはわかっているけれど、全く小さくなってなかったらどうしよう…と診察まで本当にドキドキでした。

今回想像以上に子宮筋腫は小さくなっていましたが、まだまだ小さくなってもらわないと困ります。がんばろう。

そして帰り道は久しぶりにブラブラ歩き回ったのですが、やっぱりまだ痛みが強くなる感覚がありました。体に負担のかかる仕事は2週間後から」の意味が理解できました

 

次回は1か月後の9月13日にMRIと診察の予定です。

その間にまたいくつか更新する予定なので、どうぞお楽しみに^^